読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきけいこのフォトーク!

写真について、あれやこれやのよしなしごと

「自分を救うもの」

f:id:kikimeiko:20170124105135j:plain

 

以前に、プロフェッショナルという番組を見ていたら。

漫画家志望の子に編集さんが
「体験したことをそのまま描くなら日記と何が違うのか。
 過去の自分を救える話って、どういう話だと思う?」
って言ってるシーンがあってね。

 


うちの場合は、その話とは逆で。

子供時代の写真については「幸福な写真」に書いたように…
「未来の自分を救うものになったらいいな」という思いが、

何となくどこかにあるみたい。


それはきっと、自分の体験からきていて。

自分が幼い頃にカメラが趣味だった祖父が沢山撮って
何冊も作ってくれたアルバムが。
こうやって、今のうちの糧になってるんだろう…。


小学生の頃はあのアルバムを眺めながら、今はもういない祖父に、母に。
自分が覚えてない、小さな頃の話を聞かせてもらった。

そんな風に家族から話を聞く時間が好きだった。

あと単純に自分の知らない自分を見るのも面白かったし、
写真をきっかけに、ふっとそれに纏わる記憶が蘇ったりもしてね。


この仕事で家族を撮るようになってから、
そういうこと思い出すようになった。

思春期過ぎてからは、綺麗じゃない自分の写真なんて
撮るのも見るのも好きではなかったけど。

あの頃は、好きだったなぁ。