みきけいこのフォトーク!

写真について、あれやこれやのよしなしごと

情報の精度

f:id:kikimeiko:20170621124704j:plain

その昔、インターネットに初めて触れた1999年。

検索をかけても、情報は限られていて。
Youtubeもなく映像を手に入れる事は、簡単ではなかった。


10年くらい前は、検索すれば多くの情報が出てきて。

「京都 おいしい店」のような安易な検索ワードでも
食べる事にこだわりのある、個人のサイトに簡単に行き会えて。

便利な情報化社会を楽しんでいた。


それが、今となっては…
「京都 おいしい店」では、有用なサイトにはまずヒットしない。

飲食店サイトやらまとめサイトのような、有象無象に埋め尽くされて。

「おいしい店」ではなく。
「食いしん坊・1番美味しい・ここが1番」などにワードをひねり。
それに加えて「Blog」という文字も付け加えてやらない事にはみつからない。


知りたい事があっても、まずは適切な検索ワードを入力できなければ
必要な情報に行き当たる事も簡単ではなくなってしまっていて。

情報量は多いんだけど…
便利なようで、そうでもないような。


またこれからの10年で。
こうやってネットの中でも時代が変わっていくのかなぁ…と。

たまに、ぼんやり考えたりする。