みきけいこのフォトーク!

写真について、あれやこれやのよしなしごと

つれづれ箱

熱を持てること、持ち続けられること

やっぱり「そこに熱を持てること、持ち続けられること」が1番の才能なんかしら。得意不得意じゃなくてね、熱があるかどうか。 (一部抜粋)************* 詳細はこちらから、どうぞ!↓↓↓↓↓ note.mu

何のしがらみもない、非日常な場所で

"どんな時も自分でいる”って、簡単なようで難しい。"相手の許容範囲内の自分"でいなきゃって、たぶんいつでもどこかで思っている。 これは自分だけだろうか?それとも誰でもそうなんだろうか? 本来の自分をどこまで出したらいいか、どの部分だったら受け入…

マグロにもカツオにもなれない

でもだからこそ。力強くバイタリティに溢れて泳ぎ続けられる人が眩しく感じる。 なりたい、とは思わないけれど。そういう自分とは違う生き方を、たまに立ち止まってジッと眺めたい。 違う生き物を見つめるように。 (一部抜粋)************* 詳細はこちらか…

写真は、"好き"の写し鏡

もう何年も何年も。花を貰うたびに(買わなきゃ…)と思いつつ、グラスや小洒落た空き瓶で代用してた花瓶。ついに買ったおかげで、テンションが爆上がりして。どうにも浮かれた記事に仕上がりました。* * * * *生まれて初めて、MY花瓶を手に入れた。自分…

花のある暮らし、ハーバリウムの作り方

ドライフラワーをオイル漬にした、植物標本のハーバリウム。以前は検索しても、ほとんど情報が出て来なかったというのに…いつのまにか、どんどん流行りだして。ハーバリウム専用オイルが販売されるようになってたり。卸で大量購入の必要があった瓶も、そんな…

フィギュアスケートに恋して ~その1~

何気なく目にしたものに、自分でも驚く程に心を奪われた事はあるだろうか?数分前までは、自分の人生に何の力も及ぼしていなかったものが一瞬にして。もっと知りたい、もっと見てみたい…と興味の最優先事項になる。まるで恋に落ちるような、出来事。自分は人…

お盆には、ありがちなアレ

さっき、リビングのソファに寝転がりながらスマホを眺めていたら。カタンっと何かが落ちる音がした。 (一部抜粋)*************詳細はこちらから、どうぞ!↓↓↓↓↓

真夏の夜に涼しさを ~病院の女の子~

幽霊関係においては、霊感ならぬ零感の自分だけれど…大学時代、ある友達といた時に限って不思議な経験があったりする。あれは、20になったばかりで。自分が酒に弱くはない事は知っていても、どれくらい強いのかはさっぱりわかっていなかった頃の話だ。 (一…

死と、死後の関係性と、許す許さないなど

ただ自分の中の母に対する気持ちや理解、そんなものは変える事ができて。この1年近くの間で、沢山のわだかまりが昇華されたような気もする。これは母が生きていても、穏やかに老衰で亡くなったとしても出来なかった事かもしれない。 (一部抜粋)***********…

熱源移動とキリギリス的人生

ずっと、何かに深くハマれる人が羨ましかった。熱さを持続させられる人が、眩しく見えた。自分はいつまで経っても、そこには立ち入る事ができない。だけど、これを知った時「あ、なんだ」と。「そういや、そういう性分だよね」と。スッと腑に落ちたような気…

各々の流儀と、違いを肯定する事

10代の頃は比較とはある部分における優劣をはっきりさせる為の、マウンティングの意味を持っていた。違っている、というのは攻撃の理由になった。でも大人になった今は。あなたと私は違う、という事実を知る事は。視野を広げるきっかけになったり、相手や自…

情報の精度

その昔、インターネットに初めて触れた1999年。 検索をかけても、情報は限られていて。Youtubeもなく映像を手に入れる事は、簡単ではなかった。 10年くらい前は、検索すれば多くの情報が出てきて。 「京都 おいしい店」のような安易な検索ワードでも食べる事…

魔性の犬

扉からチラッと顔を出して、佇んでいたり。それでも気づかないと、椅子の足元にやってきてジッとこちらを見上げている。 それでも無視していると、抑えた小声で小さくワンッと呼びかけてきて。 本当に忙しくて、どうしようもないとか。手が離せないでもない…

こんなにも変わったのに、こんなにも何も変わらない

今朝は、夢の中で。亡くなる数ヶ月前に一緒に待ち合わせて、ごはんを食べに行った事を回想していた。(ああ、これからはこの時の事を何度も思い出すんだろうな…)って、1つ1つそこでの会話を思い浮かべていたんだけれど。 目が覚めたら。そんな素敵で平和な…

「なんて言葉をかけていいか…」

心からこちらを案じてくれ、抑えようとしても自然と滲む涙というのは。 それはもう、破壊力抜群で。 そんなものを目にしてしまったら、 思わず一緒に泣いてしまうから… 日々の生活の為に、心を守る為に覆っていた殻が少し破れて。 ほんの少しだけ本音が吐露…

「悲しみを消化する時間」

やっとか、半年近くかかってやっとか… 泣きながら、そんな風に思った事を覚えている。 全身全霊で泣く、ただそれだけの事ができるようになるまで。 こんなにも時間がかかるなんて知らなかった。 (前後略) ************* 詳細はこちらから、どうぞ! ↓↓↓↓↓ …

「死は、人を素直にさせる」

スカーフやハンドバッグ、そんなものもあったように思うのだけれど…そんな中でこれだ、と思ったのはキラキラと光を放つ石のついたネックレスだった。大人になって見るそれは、明らかにガラスか何かで作られた模造ダイヤなのだけれど。透明で輝く石は、子供の…

「犬という概念」

それが、ここ1~2年程で。 夢に出てくる犬が、ガラッと変わってしまった。 2年前から、我が家で頻繁に叔母の犬を預かるようになったのだ。 そしてそれ以来、夢の中に出てくる犬は。 どれもその子自身か、その子と同じ犬種のマルチーズになった。 ***********…