読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきけいこのフォトーク!

写真について、あれやこれやのよしなしごと

Not 桜日和 ~桜と写真とカメラの話~

f:id:kikimeiko:20170409174956j:plain

 
そういえば昔は、桜の写真を撮る事に
あまり興味が持てなかった。
 
だって誰が撮っても、青空さえあればそれなりに綺麗だし…
桜や紅葉って、いつかどこかで見たような、ありがちな写真になってしまう。
 
そういう写真って、好きじゃない。
だから桜は撮らなくていい。
 
生意気にもそんな風に思っていた。
 
(前後略)
*************
 
詳細はこちらから、どうぞ!
↓↓↓↓↓

note.mu


 

「なんて言葉をかけていいか…」

f:id:kikimeiko:20170402214202j:plain


心からこちらを案じてくれ、抑えようとしても自然と滲む涙というのは。

それはもう、破壊力抜群で。

 

そんなものを目にしてしまったら、
思わず一緒に泣いてしまうから…

 

日々の生活の為に、心を守る為に覆っていた殻が少し破れて。

ほんの少しだけ本音が吐露できて。

 

全然、悪い物じゃ無かった。
 
(前後略)
*************
 
詳細はこちらから、どうぞ!
↓↓↓↓↓

note.mu

「悲しみを消化する時間」

f:id:kikimeiko:20170327015036j:plain

やっとか、半年近くかかってやっとか…
泣きながら、そんな風に思った事を覚えている。
 
全身全霊で泣く、ただそれだけの事ができるようになるまで。
こんなにも時間がかかるなんて知らなかった。
 
(前後略)
*************
 
詳細はこちらから、どうぞ!
↓↓↓↓↓

「写真沼に、片足を突っ込んで」

f:id:kikimeiko:20170318000245j:plain

写真って、その入り口に立った時に考えていた以上にずっと…
底なし沼みたいな趣味だった。

(中略)

こうやって自分の出来るところから、少しずつ少しずつ積み重ねて。
終わりのない道をゆっくり歩き続ける。
どこにたどり着けるのかも、わからないままに。

まったく、なんて趣味なんだろう。
それでも今日もまだ、この道を歩き続けている。

*************

詳細はこちらから、どうぞ!
↓↓↓↓↓

note.mu



「死は、人を素直にさせる」

f:id:kikimeiko:20170316000030j:plain

スカーフやハンドバッグ、そんなものもあったように思うのだけれど…
そんな中でこれだ、と思ったのはキラキラと光を放つ石のついたネックレスだった。

大人になって見るそれは、明らかにガラスか何かで作られた模造ダイヤなのだけれど。
透明で輝く石は、子供の目にはダイヤモンドに見えたのだ。


 (前後略)
*************

詳細はこちらから、どうぞ!
↓↓↓↓↓

note.mu



来てみんさい、広島へ 3 <身近な宮島>

f:id:kikimeiko:20170308225644j:plain


広島というのは大きな遊園地やアウトレットもなく、
都会のように栄えた街が複数あるわけでもない。

近隣に遊びに行くにしても東西は横に長く、都会に出るには県をまたぐ必要があり。
南北に行こうとすると山を越えるか海を越えるか、という話になる。

しかし宮島はそんな広島にあって、たった1時間で辿りつけ。
しかも英世さん1人で交通費が賄えるのだ。

なんとありがたい話だろうか。

(前後略)
*************
 
詳細はこちらから、どうぞ!
↓↓↓↓↓

note.mu



「犬という概念」

f:id:kikimeiko:20170306143806j:plain

 
それが、ここ1~2年程で。
夢に出てくる犬が、ガラッと変わってしまった。
 
2年前から、我が家で頻繁に叔母の犬を預かるようになったのだ。
 
そしてそれ以来、夢の中に出てくる犬は。
どれもその子自身か、その子と同じ犬種のマルチーズになった。
 
*************
詳細はこちらから、どうぞ!
↓↓↓↓↓

note.mu